1) 4月生

募集人数/20名

学習期間/2020年4月1日~ 2021 年9月30日(1年6カ月)
1次募集期間:2019年12月1日~2020年1月31日
2次募集期間:2020年2月1日~(定員になり次第2次募集は終了となります)

2) 10月生

募集人数/20名

学習期間/2020年10月1 日~ 2022年3月31日(1年6カ月)
1次募集期間:2020年6月1日~2020年7月31日
2次募集期間:2020年8月1日~(定員になり次第2次募集は終了となります)

 

■修了認定:①レポート学習の評価②スクーリングの出席③実習の評価を総合的に評価して終了認定します。

社会福祉士国家資格の出題範囲は1 9 科目。
その数と範囲の広さに資格取得をあきらめる人もいます。
しかし、社会福祉士は「生きづらさを抱える人を支える相談援助職」のスペシャリストです。
一問一答では答えられない問題が出されるからこそ、自分のスタイル・自分のペースで
学びながら自分の理解につなげられる「通信教育」は社会福祉士への近道です。

カリキュラム

各分野を専門に研究・教育指導している講師陣が、レポート課題を添削します。

●人体の構造と機能および疾病 ●障害者に対する支援と障害者自立支援制度 ●福祉サービスの組織と経営
●心理学理論と心理的支援 ●低所得者に対する支援と生活保護制度 ●高齢者に対する支援と介護保険制度
●社会理論と社会システム ●保健医療サービス
●児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
●現代社会と福祉 ●権利擁護と成年後見制度
●就労支援サービス
●地域福祉の理論と方法 ●社会調査の基礎
●更生保護制度
●福祉行財政と福祉計画 ●相談援助の基礎と専門職 ●相談援助演習
●社会保障 ●相談援助の理論と方法
●相談援助実習

レポート学習

社会福祉士養成通信課程では、修了までに合計3 2 本のレポートに取り組みます。
レポートは、決められた期日までに提出をして頂き、担当講師より、添削し採点したものをお返しします。
テキストで学んだ内容が、国家試験対策につながります。効果的な学習方法も質問があれば随時アドバイスします。

実習【該当者全員】

配属実習該当者・・・四年生大学卒業者で入学までに厚生労働省で定める相談援助の実務経験が1 年以上ない方

実習では利用者の方々とかかわりながら、地域における施設の働き・社会福祉の役割・支援の展開・他職種や関連機関との連携方法などを体験的に学びます。

※施設での実習とあわせて、「実習指導(事前・事後)への出席、及び「実習ノート」の作成と提出が義務付けられています。

スクーリングはこちらより