本学院の特徴

地域に根差した社会福祉を養成するために地域の大学で教えている講師のもとで地域の施設で相談援助実習ができます。
そして何よりも地域に根差した社会福祉士を養成するために地域の大学等で教えている講師陣が、
皆さんの教育をサポートします。

 

特徴その1 長野県初!!

通信教育で学べる社会福祉士一般養成課程
通学(スクーリング)も6日間程度と安心です。

空いている時間、好きな場所で学べるのが通信教育の良いところ。
講師陣による細かなサポートと、働きながら安心して学べるシステムです。

1年6か月間の学習機関で通学(スクーリング・担当教員から直接受ける授業)は学習免除の方は6日間程度、
実習が必要な方は10日間となり通学への負担も軽減されます。通学も実習も長野県内で受けて。時間、費用、身体的負担も軽減されます。

 

特徴その2

関東甲信越地区6校平均額(当学院調査)のなかでも一番安い学費の設定となっています。
社会福祉士資格取得を目指す皆さんの経済的な負担を少しでも軽減した上で、質の高い学びを目指すのが、本学院の特徴でまおります。
学費の負担軽減として、奨学金や修学資金もありますのでご相談ください。

学費

 

資格取得のメリット AI(人工知能)活躍社会時代にも残る職業N o . 1 ソーシャル・ワーカー!

国家資格なので、社会的信用性が高い
福祉の国家資格は、介護現場では、介護福祉士、児童関係では保育士、相談業務関係では、社会福祉士や精神保健福祉士があります。
相談業務として多岐にわたり業務に携われるのが社会福祉士です。介護保険の要とされる介護支援専門員(ケアマネジャー)は、国家資格ではなく、修了資格であり更新しなければ資格が喪失してしまうものです。そのため、介護支援専門員(ケアマネジャー)の方も

幅広い活躍の場(職場)がある
社会福祉士の働く場所は、高齢者や障がい児・者関係の施設、事業所のほか、相談機関、病院等幅広く活躍する場所があります。
詳細はこちらより

相談援助関連の資格取得する際も有効
福祉の相談業務は、社会福祉士以外に、精神保健福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)障害者総合支援法では、相談支援員などがあります。
社会福祉士の勉強をしていれば、他の資格取得に有効です。